パソコン大好き | nekoca.com

パソコンを紹介するサイト

Lenovo IdeaPad S540(AMD)5万円台で高性能ノートパソコンおすすめ2020

time 2019/11/30

Lenovo IdeaPad S540(AMD)5万円台で高性能ノートパソコンおすすめ2020

 日々パソコンの価格チェックに励んでいる筆者ですが、久しぶりに最高コスパのパソコンを発見し一週間ほど検討し購入に至りました。

 パソコン大好き歴35年以上やっている筆者が驚く価格と性能のパソコンですのでご紹介いたします。

 このパソコンのコスパにライバルは存在しません!

※新型が出ていました!PD充電とDisplayPort出力に対応しています。

Lenovo Ideapad Slim 550

レノボに対する今までのイメージ

 レノボは今やパソコンの3大グローバル企業となっています。

 他にはDELL社、HP(ヒューレットパッカード)社があり、いずれも低価格からプレミアムパソコンまですべてそろえている隙のないラインナップの会社です。ですので、その3社であればだいたい同じような値段、同じようなスペックのパソコンを購入できます。

 レノボのパソコンは今まで2台購入しており何れもコスパに優れているものでした。それらについて、お安いのは間違いないのだが性能はそれなりで我慢をして使うレベルのものでしで(セレロンとかATOMとか)、それらについては購入当初は使ってみるのだが、時間が経てば使わなくなってしまう残念さがありました・・・。

 しかし、今回購入したこのIdeaPadはコスパの次元が全く違うもので、筐体にも記されているのですが、「予想以上の性能」と断言します。

IdeaPad S540(AMD)のスペック

Lenovo IdeaPad S540
Lenovo IdeaPad S540(2台買いました)
  • CPU:AMD Ryzen 5 3500U(2.10Ghz 2MB) ※インテルのCore i5相当の性能
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:SSD 256GB (PCle NVMe/M.2)
  • 液晶:14インチFHD IPS液晶(タッチパネル非搭載)
  • 認証:指紋認証機能

 そうなんです、液晶は若干大きいものの、一番バランスのよい王道の売れ筋のスペックなんです。

 しかも、驚きなのがこのスペックで価格は5万円台!

 最初にこの価格を見た時には、何か裏があると考えレノボのWebページを隅から隅まで確認しました。が、特に不安な要素がなかったのです。

 届いて箱を開けたときに見た目も悪くなく大満足の買い物となりました。

CPUについて

 CPUはRyzen 5でAMD社のものになりますが、Intel社でいうところのCore i5相当の性能のものです。それでいてグラフィックはIntel社のものよりは性能の良いものになっていて、値段はCore i5より数千円お安いようです。

 このパソコンはスペックだけではなく、外装が金属でMacに大きく負けてないといってもいいくらいの高級感のあるものです。Lenovoのロゴもタグのようなシンプルな感じで更に好感度アップです。

高速SSDを搭載!

 ストレージに至っては、この値段帯ではありえない高速規格PCle NVMe/M.2のものを採用している事もあり、Windows10が起動するまで10秒かかりません!

 昔は当たり前だったハードディスク搭載のパソコンは、起動に1分以上かかり、Windowsにログインしたあともマウスカーソルがクルクルと回り、そこから2,3分かかってやっとのこと使えるようになっていたのが悪い夢だったように不思議な気持ちになってしまいます。

 ログオン画面が出てくるのに早いと7秒くらい。しかも、なんでか指紋認証機能も付いていますのでOSへのログインも手間いらずです。

今さらPINの4桁を打つのも億劫になります。

良い点を列挙

  • 超高速SSD搭載
  • 指紋認証機能はレスポンス良し
  • カメラを物理的に無効にできるシャッター搭載
  • 広めでレスポンスの良いタッチパッド
  • 液晶の発色良し、ベゼルも今どきの細さ
  • キーボードにバックライト付き
  • スピーカーは音楽がちゃんと聴くことができるレベル
  • SDカードスロット搭載

気になる点を列挙

  • キーボードのEnterキー付近が少し特殊
  • 液晶はタッチパネルではない
  • USB-Cの充電には非対応
  • 公式にはメモリ増設ができない
  • 有線LANが非搭載(無線を使うので不便はないはず)

使用感など

 メインで使用しているDELLのデスクトップパソコンとの比較になりますがぜ、全体的にこのIdeaPadの方がレスポンスが良いなと感じます。ストレージの超高速SSDが全体の使用感を向上させているのは間違いがないです。また、GPU性能も上なのもポイントなのではないでしょうか。

 搭載されているタッチパッドは、かなり大きめの部類になると思います。マウスを使わなくても快適に操作ができることもわかりました。ブラウザもタッチパッドでヌルヌルと動きます。

 14インチモデルと言うこともあり、カタログスペック上、重量が1.5Kgということになっていますが、計測すれば1.39Kgくらいのようです。なんとかモバイルできる重さではないでしょうか。(比較するのもなんですが、MacBook Pro 13インチもこのくらいの重さです)

 さりげなく良い点は、Webカメラを物理的に無効にするシャッター機能が搭載されていて、カメラを間違いなくOFFにできるんです。ありそうでなかなか見た事のない機能です。

 テレワークの時代にこのカメラをふさぐことのできる機能は必須だと思いますね。これでクラックされても部屋を覗かれる心配はないですね。(セキュリティー機能はちゃんと活用してください。)

カメラのシャッター
カメラを物理的に無効状態にできる
指紋認証
大きいタッチパッドとキーボードの右下に指紋認証

 これらの指紋認証機能、カメラを物理的に無効とできる機能など、低価格ながらセキュリティにも配慮されているのはポイントがとても大きいです。

このパソコンの使用用途

 このパソコンは高性能といっても下記の用途での使用をおすすめします。

  • ネットサーフィン
  • 文書作成
  • プログラミング
  • 軽いゲーム

 これらは快適に使用できると思います。

 一方、厳しいのが下記です。

  • 強力なGPUが必要な3Dゲーム
  • 本格的な動画編集

 これらはハイエンドパソコンでやるべきであり、10万円以下の低価格なパソコンでは無理だと考えましょう。

 ノートパソコンよりも、高性能なデスクトップパソコンの購入をお勧めします。

レノボを応援することに

 コスパ、コスパと言っても、このパソコンはまったく我慢を強いられる部分が存在しないところが大きなところです。過去に売られていたネットブックなどはいったい何だったのでしょうか。

 また、日本のメーカーがこのくらいのスペックのパソコンを作ると10万円超えは間違いなく・・・もう、この際レノボに頑張ってもらって価格破壊してもらいましょう。

 本当に買って良かった!

 家族にもおすすめをしまして触ってみた感触が良かったらしく、2台目も購入してしまいましたし、友人にもどんどんお勧めさせてもらっています。

量販店では影の存在

 このIdeaPad S540は量販店でも売っていました。

 しかし、なぜかものすごく目立たないところでひっそりと展示されておりました。

 多分ですが「 売り手が 売りたくないパソコン」なんだと感じます。

 店員さんは、来店した人には最初は高額なパソコンを進めていくんだと思います。お客さんの財布の事情を探りつつ予算がないと判断した時点で「こんなにコスパが良いものがありますよー」といった感じで売るんでしょうね。

 メーカーも絶対に利益の少ないパソコンだと思われますね。

レノボは直販で購入するのがおすすめ

 今回はレノボの直販で購入しました。

 中国からの配送になるので納期なんかは遅いのかなと思っていたのですが、今回は注文してからなんと3日で届きました。日本の倉庫に在庫があるんでしょうか。ものすごく早かったので驚きました。(もちろん、その時の事情で遅くなる事はあると思いますので納期の確認はしましょう。)

 今回、紹介させていただいたパソコンのモデルはAMDのCPUを搭載していますが、IntelのCPU搭載モデルもありますので、こだわりのある方はIntelのモデルを!

レノボは週末に安い

 レノボのパソコンの価格は日々変動しています。

 価格を見ていると、平日よりも土日に数千円ですが安くなる傾向がありますので、週末に買うのが良いでしょう。

※新型 PD充電、DisplayPort出力に対応しています。

Lenovo Ideapad Slim 550

下記は販売中のものもありますが旧機種となりますのでご注意を!

第10世代 Intel Core i5モデル登場

Intel版

Lenovo IdeaPad S540 Intel

AMD版

Lenovo IdeaPad S540 AMD

楽天モバイル

管理猫について

茶トラ

茶トラ

管理猫の茶トラです!