パソコン大好き | nekoca.com

パソコンを紹介するサイト

エレコム激安小型キーボードTK-FDM105MBKを購入(テンキーレス)

time 2020/01/29

エレコム激安小型キーボードTK-FDM105MBKを購入(テンキーレス)

筆者はとても小型キーボードが好きです。

電器屋さんに行っては、キーボードコーナーで小一時間試し打ちしてくる事があります。優柔不断な感じで何も買わないで帰ってくることがほとんどですけど。

高級キーボードの東プレのリアルフォースを触ってカタカタ気持ちが良いなぁと思っても、2~3万円ほどのキーボードに手を出す事も出来ず。

高級キーボードは諦めて安いキーボードを何度も買っているので、もしかしたらリアルフォースを買ってしまっていた方がお安かったかな、なんて思っていますが、安いキーボードでも、打ちやすく、長時間使っても疲れない製品もあるんです。

という事で、今回は悩みに悩んで購入したエレコムの逸品をご紹介します!

エレコムTK-FDM105MBKとロジクールのキーボードを比較

筆者は基本的にキーボードはテンキーレスのものしか使いません。ですので、このキーボードもテンキーレスとなります。

テンキーレスのキーボードを買うのは、机の上を広く使いたいのがありますが、テンキーがあるとバランスが崩れる感じで好きじゃないんです。

手前が今回購入のキーボード

手前のものが今回購入したエレコムのTK-FDM105MBKとなります。

奥にある方は何年も使っているロジクールのMK240SBKの型落ち品です。(型番を忘れてしまい申し訳ないです。)

写真を撮影した方向が悪かったので、奥の方が凄く小さく見えていますが、「ESCキー」から「バックスペースキー」までの長さはほとんど同じですのであしからず。

それを差し引いてもロジクールのキーボードは小さいですね!

ロジクールのキーボードの小ささが際立ってしまいますが、そちらの方は変則的な配列となっているので、今回はエレコムの完璧な配列が気に入って購入しています。同じテンキーレスのキーボードですが、タイプの違うものになります。

ここ数年は変則キーボードを使っていたので、正当な配列のものが作業もしやすいのではないかと考えました。カーソルキー周りが独立しているキーボードは久しぶりなのですが、使ってみたらちゃんと手が覚えていてくれてうれしい限りでした。

キーボードのタッチの感覚

完璧な配列

配列はどう考えても完璧です。

ですが、キーボードはそれにプラスして打った時の感覚がとっても大切になります。

このキーボードに関しては、比較的柔らかい感じのタッチになります。

ストロークに関しても標準的な感覚で悪くない。

それは、1万円以上もするキーボードと比べれば長時間作業をしたら違いが出てくるかもしれないけれども、2千円台の価格を考えたら問題のないレベル。

何時間も休むこともなくキーボードをたたき続けるような事がなければ誤差な気がします。

ロジクールのキーボードと比較すると、筆者的にはロジクールの方が打った時のクリック感と柔らかさが上かなと感じます。そちらのキーボードもすごく気に入って悩みに悩んで購入しただけはあるなと自分でも感心するくらい(笑)

しかしながら、エレコムの方も慣れの問題もありますし現段階でも十分に入力のしやすい合格点をあげられる素晴らしいものです。

中途半端なものを購入するのであれば、エレコムのこの激安なものを買う事をおすすめしてしまいます。

あまり気にしていなかったのですが、このキーボードのとても良いことに気が付いたのです。

それは

FNキーがない事

ノートパソコンではおなじみのFNキーですが、これって普通に文章を売っている分には気にならないのですが、例えば、ウィンドウのスクショを撮る時って「PrintScr」+「ALT」を押す必要があるのですが、FNキーが搭載されている小さいキーボードって、PrintScrは単体のキーが用意されていなく、FNキーも同時押しをする必要があるんです。

(ロジクールのキーボードであれば、「F12」+「ALT」+「FN」)

これって、結構面倒な作業で、繰り返しウィンドウのスクショを撮る作業を行う時に本当に面倒で苦痛なんです。一回一回、キーボードをよく見ながら場所を確認する必要があるからですね。

ですのでエレコムのこのキーボードを選んだ気がします。

4年間の電池の持ち

スイッチ付き

最近の省エネ技術は本当にすごい。

単三乾電池一本でなんと4年間も使えてしまう。

電池を買えるタイミングがわからなくて困ってしまいますね。

しかも、このキーボードにはON、OFFスイッチがついていますので、使い終わったら電源を切る習慣をつければ、ものすごい長く使えそうです。

まぁ、たぶん切るのを忘れてしまうんですけどね。

マウス付きも安い

キーボードだけのパッケージと、マウス付きのパッケージがあります。

このキーボードについては、マウスもとても使いやすいのでマウス付きの購入をお勧めします。マウスのボタンが広めに設計されているからか押しやすいと感じるし、比較的ホールドしやすいです。

ポイントはUSBに差し込むドングルが、キーボードとマウス共通で使えるから、USB端子が一つで済むんですね。USBドングルも出っ張りが最小限のものになります。

キーボード、マウス共に使いやすいと言うご報告になります!

なぜテンキーレスなのか

左手マウス

テンキーレスキーボードを使うのは、やはり左右のバランスが良いからです。

今回購入したキーボードですらこのありさまで、バランスという意味では上のロジクールのキーボードがとても優れているのがわかります。

ってか、そんな小さなテーブルにいパソコンを置くなよ、との声が聞こえてきそうですが。

左にマウスを置いてあるのは、左手でマウスを使うからです。

筆者はバリバリな右利きの人間ですが、マウスは左手に矯正しました。

左手マウスをおすすめします。

とてもバランスが良い気がしてきましたよね??

TK-FDM105MBK

アマゾン

管理猫について

茶トラ

茶トラ

管理猫の茶トラです!

アマゾン



アマゾン