パソコン大好き | nekoca.com

パソコンを紹介するサイト

楽天モバイルはサブ回線として運用する必要がある理由

time 2021/08/09

 1年間無料で十分に使わせてもらいましたので、本音で楽天モバイルについて書き記します!

 楽天モバイル回線は使い方次第で可能性が広がり、しかも無料での運用も可能なお勧めのモバイル回線です。

楽天モバイルの通信速度は十分に速い

 私の場合は、自宅での電波感度がとても良いので、光回線のバックアップ回線としてとても優秀に機能してくれる楽天モバイルです。

 自宅でメインで利用しているのは光回線ですが、光回線と言えども稀に障害等で接続できなくなる事もあります。ですので、自宅で仕事をしている身としては、楽天モバイルの回線は心理的に心強い存在となっています。

 楽天モバイルの通信速度は少なくても、下りで50Mbps程度は出ていますので、一人暮らしをしている方で、仕事で利用しないと言う事であれば、楽天モバイルを自宅のメイン回線として利用するのはありなのかとも感じます。

 もちろん電波感度が良ければ、ですが。

 楽天モバイルには欠点もあり、私の場合は外での利用の方に問題が出る事があります。

楽天モバイルは繋がりにくい場所が多い

 現在、自宅で快適に回線が利用できるのは、自宅の近くの楽天モバイルのアンテナからの電波が運よく入りやすい、と言う事に過ぎないと思います。

 楽天モバイルエリア内で電波の入りにくいと感じる場所は下記。

  • 駅のホーム
  • 建物の中

駅のホーム

 私がよく利用する新宿駅などのターミナル駅で、通信ができない状態になる事があります。

 それが割と高頻度!

 電波の状態はバリ5なのに、俗にいう「パケ詰まり」状態になり、サイトが表示されなくなる事があります。

 推測ですが、これは利用者が多い場所で起きる問題なのかと感じます。

建物の中

 お店のレジでバーコード決済をしようとして通信ができなくなる事があります。

 建物の外には電波が来ているのに、建物の中に入ると途端に電波状況が悪くなる事が多々あります。

 楽天モバイルの電波はプラチナバンドと言われる電波ではない事が問題だと思いますが、いくら何でも入らない場所が多すぎる。

楽天モバイルはサブ回線としてお勧め

 プラチナバンドではない楽天モバイルをメインの回線とするのは危険すぎる。仕事で電話を使う人は絶対にサブ回線とすべき。

  • 自宅では光回線等のサブ回線
  • 外では格安SIM等(ドコモ、au、Softbank利用回線)のサブ回線

 上記のようにしておけば、メリットが多く出てきます。

  • 楽天モバイルは通話が無料(通話アプリのRakuten link利用時)
  • 通信は格安シムの通信を優先に使い、楽天モバイル回線の通信は行わず、格安シムの通信容量を使い切った段階で利用する。

 この利用方法で月額1000円程度の運用が可能となります。

実質無料で楽天モバイルをお試し 

 楽天モバイルは他のMNOと比べて電波が弱いと言わざるを得ない。

 しかし、他の回線と併用することでいろいろな場面でメリットが出てくる。

 楽天モバイルは3か月無料でお試しできるので、実際に利用して試してみる事ができる。

 1GB未満のデータ通信量であればその後も無料で運用することができますので、特に損をする事もありません。

 また、楽天モバイルの初めての契約であれば新しいスマホをポイントでお得に手に入れることもできます!

保険の回線とする格安シム

 前述どおり、楽天モバイルだけでは電波の入りが悪い場所があり、補完するための保険の回線が必要になります。

 楽天モバイルを補完するのは、いわゆる格安SIMと言われる大手より回線を借りて通信を提供している会社のものを利用します。格安SIMは3GB程度の通信量が利用でき、おおよそ月額1000円で利用できると考えていただいて問題ありません。

低容量(4GB)時の月額費用

 格安SIM通信量は3GB程度あれば動画や通信が必要なゲームを利用しない限り問題ないと思います。格安SIM(3GB)+楽天モバイル(1GB)で合計4GBの利用枠がある状態で1000円程度の月額費用となります。

低容量(6GB)時の月額費用

 4GB以上を利用する必要がある場合、楽天モバイルは「1GB~3GB」の通信であれば1078円で利用することができます。格安SIM(3GB)+楽天モバイル(3GB)と合計6GBの利用した場合は2200円程度になります。

中容量(23GB)時の月額費用

 仮に思いっきり利用しても、動画を見続けるような利用をしなければ20GBに達する事は少ないと思いますので、楽天モバイルは2178円以内に収める事ができ、格安SIM(3GB)+楽天モバイル(20GB)の合計23GBの利用で、合計で3300円程度の月額になります。

 ahamo等よりは上回ってしまう料金になってしまいますが、楽天モバイルは通話料、SMS送信料が無料となっていますので、ギリギリ格安SIM+楽天モバイルでの利用をする料金的メリットがあります。

無制限時の月額費用

 ものすごく楽天モバイルを使いすぎて、通信を無制限利用時には格安SIM(3GB)+楽天モバイル(無制限)で4400円と少し高額になってしまいます。すごく通信を使いたい人以外の料金的メリットはなくなってしまいます。

 しかし、この場合でも、使わない月は安く運用できるメリットが出てくるので、自宅と普段行動する場所で楽天モバイルの電波が入りやすい環境であれば、最安でモバイル通信ができる安心な環境を手に入れる事ができるのです。

いつでも通話料、SMS送信料無料

 前述したとおり、楽天モバイルはRakuten Linkアプリを利用した時の通話料SMSがいつでも無料と言うのが魅力です。最大の月額利用料になったとしてahamo等より高くなったとしても、そのメリットは大きいのではないでしょうか。

 ちなみに格安SIMは、通信だけではなく、通話、SMSが利用できるサブの電話番号が利用できるのもメリットになります。(通話料、SMS送信料は有料)

おすすめの格安SIM

 格安SIMの会社はたくさんあり、どこを選んだら良いのかわからない方は参考にしてください。

OCNモバイルONE

 私が利用している格安SIMはOCNモバイルONEです。

 ドコモ回線を利用している格安SIM会社ですし、通信大手の会社なので安心して利用できます。

OCNモバイルONEのメリット

  • 格安SIMの中では通信速度は比較的早い部類とされる。
  • 専用の通話アプリなしで30秒11円で通話が可能。(大手キャリアは22円)
  • 低速通信、高速通信を切り替え可能。低速なら通信容量が減らない。
  • 余った容量を翌月に繰り越し可能。
  • 新規加入時にスマホを安く手に入れられる。

 格安SIMは特に通勤時間帯、昼にびっくりするほど通信速度が遅くなってしまう会社があります。ですので、単に安いだけで格安SIMを選んでしまうと痛い目に遭います!

 OCNモバイルONEも昔は遅い時期もありましたが、現在の回線は昼でもストレスなく利用できる通信速度です。月額費用も以前より安くなっているんですけど。

 通信容量を翌月に繰り越せるのも良いんです!次月のバッファーとして利用できるは嬉しい!

 また、OCNモバイルONEなら新規加入時にとても安くスマホを手に入れる事ができます。大手量販店より2万円以上も安く購入する事ができるのは驚きです。

 私もOCNモバイルONEに加入する時にMi 11 Lite 5Gと言うデザインがとても可愛いスマホを2万円で手に入れました。とっても気に入っています。

 ちなみに噂なのですが、OCNモバイルONEは解約手数料は無料なのですが、加入から1年未満で解約するとブラックリスト入りするらしいです。ブラックリスト入りするとOCNモバイルONEに加入できなくなると言う話なので、その辺だけ注意してください。

 通信容量が1GBのプランなら月額770円で維持できますので負担は少ないです。

※加入期間については半年と言う噂がありますが、安全を取って1年未満がブラックリスト入りの条件としています。

まとめ

 楽天モバイル、格安SIMについてのまとめです。

楽天モバイル

  • 通信量が1GB未満利用なら月額費用は0円となる
  • 通信をかなり利用して20GBまでの場合は2178円
  • 通話、SMS送信料が無料(Rakuten Linkアプリ利用時)
  • 電波が入りにくいところがあるので不安が残る

格安SIM

  • 楽天モバイルの電波が入らない場合の保険の回線とする。
  • 3GBを1000円程度で利用可能。
  • 楽天モバイルとは別に電話番号が付与される。

 楽天モバイル、OCNモバイルONEそれぞれに加入する際、お得にスマホを手に入れる事ができますので、新しいスマホが欲しい人にとってチャンスです!

※楽天モバイルは初回の加入時に限りスマホを購入するとポイントが付与される。

※OCNモバイルONEはブラックリスト入りしていなければ、二度目以上の加入でも2万円程度の割引を受けた価格でスマホを購入できる。 

管理猫について

茶トラ

茶トラ

管理猫の茶トラです!