パソコン大好き | nekoca.com

パソコンを紹介するサイト

iPad Pro10.5を3年間使ってみた感想

time 2020/04/28

3年経っても快適なiPad Pro 10.5

 iPad Pro 10.5を購入して早くも3年が経過した。価格が価格なので悩みに悩んで購入したiPad Proだったが、そのあとにiPad Pro11が発売、先日にはその2世代目が発売され購入者のレビューをみると羨ましく思うこの頃である。

 しかし、このiPad Pro10.5は本当に使いやすいタブレットでスマホよりも長時間使用しているベストな相棒である。

 使いやすいと感じるポイントです。

  • 画面表示の遅延やフリーズする事がまずない。
  • 画面のリフレッシュレートが通常のiPadの2倍の120Hzでヌルヌル画面が動く。
  • 10.5インチの画面サイズ、重さが家で使うにはちょうどよい。
  • イヤフォン端子が付いている。

 値段は高いが、それ以上の満足感があるんですね。少しでも快適なタブレットが欲しい人にはぜひiPad Proの購入を検討してみてください。

Apple iPad Pro (10.5インチ, Wi-Fi, 64GB) - スペースグレイ
Apple iPad Pro (10.5インチ, Wi-Fi, 64GB) – スペースグレイ

 今になってiPad Pro10.5を一押しする理由が、気軽に買える価格まで下がっている事です。アップルの認定整備済製品をこまめにチェックしてください。ストレージが64Gバイトのものですと、無印iPadと同じ水準の価格帯になっている事もありますよ。

https://www.apple.com/jp/shop/refurbished

そんなに気に入っていてどんな事に使っているの??

 お恥ずかし話、そんなにiPadを使いこなしている感覚はないです。

  • ネットサーフィン
  • サブスクの雑誌
  • 映画のストリーミング

 メインの利用はこんな感じであります。ネットサーフィンに利用することがほとんどなのですが、どんなページでもスムーズにアクセスできるのでストレスがないので素晴らしい。

 サブスクの雑誌を読むには本当に快適なマシンで、それらをスマホで読んでいる人たちは目が良いのかどうかはわからないのだが、雑誌を読むにはこのくらいの大きさは必要。iPadは3対4の画面比率なのがポイントも高い。もちろんiPad Pro12.9で雑誌を読んだ方が快適であろうけど、重すぎるし、外に持ち出すには大きすぎるので自分的にはなしです。

 あとは映画のストリーミングがおすすめで、このサイズのコンピュータとしては珍しい4スピーカーも搭載されておりますのでタブレットとしてはかなり高音質、低音も割と利いています。また、イヤフォン端子が付いているので、映画視聴には欠かせない存在です。

 ちなみに、iPad Pro 10.5より新しいiPad Proにはイヤフォン端子が付いていませんので注意してください。

ノートパソコンの代わりにはなるのか?

 ファイナルアンサーですが用途によります。

  • 文章の入力
  • アップルペンシルを使ったお絵かき

 iPadで作業ができるのはこのくらいなもので、ノートパソコンの完全な置き換えにはならないです。たいていの人がiPadの他にパソコンが必要になります。用途によるということは代わりにはならないという意味で差支えはないと思います。

 何度かノートパソコンの代わりになるのかどうかを試行錯誤したのですが、完全な置き換えにはならないと感じます。文字はスムーズに入力できるようになりましたが…

 理由はいくつかあります。

  • 小難しいことはパソコンの方が間違いなく早い
  • スマートキーボードカバーが高価な割に重く使いにくい
  • パソコンのような高機能なアプリケーションが不足している
  • 使いやすい標準テキストエディターがない
  • 画像サイズの縮小がしにくい
  • 強化されたファイル管理アプリはまだまだ感

 スマートキーボードは無理に購入する必要はないでしょう。せっかく機動性が高いタブレットを重く取り回しを悪く必要はないです。キーボードが使いたいならアップル純正のマジックキーボードを購入した方が幸せになれます。

Apple Magic Keyboard - 日本語(JIS)
Apple Magic Keyboard – 日本語(JIS)

 ただ、接続するだけで使えるキーボードはこのスマートキーボードだけですので唯一の選択肢となります。入力を頻繁におこなう人にとってはお勧め。

Apple Smart Keyboard(10.2インチiPad、10.5インチiPad Air、10.5インチiPad Pro用)- 日本語 JIS/MPTL2J/A
Apple Smart Keyboard(10.2インチiPad、10.5インチiPad Air、10.5インチiPad Pro用)- 日本語 JIS/MPTL2J/A

 ちなみに僕はスマートキーボードを購入して文字入力を行っています。iPadも入力メソッドの「ライブ変換」に対応してことにより、スムーズに文字入力ができるようになったのは大きいかもしれない。ライブ変換に対応していなかったiOSの変換があまりにも効率が悪かった。

 ライブ変換とは、iPad OS 13.4から対応した、変換キーを押さなくても文字を入力するだけで自動的に変換してくれる機能のことで、すごく賢く変換してくれるのがすごいです。iOSの変換機能を「ことえり」と馬鹿にする事もやめようと誓うことにしました。

 残念ながらiPad Pro 10.5では使えませんが、最新のiPad Pro用のキーボードカバーの「マジックキーボード」もまた、入力環境が劇的に良くなるとの話ですが、高価な上に重いと二重苦が付きまとってきます。持ち運びには向いていなさそうなので、デスクの上に置いておき、必要に応じてiPadを置いて使う感じになりそう。

 カッコいいけど・・・(欲しい)

Apple Magic Keyboard (11インチiPad Pro - 第1世代と第2世代) - 中国語(ピンイン)
Apple Magic Keyboard (11インチiPad Pro – 第1世代と第2世代) – 中国語(ピンイン)

 最初にアップルの発表を見たときは、このキーボードのために最新のiPad Proが欲しくなりましたが、よく考えてみるとiPad Pro 10.5の完成度が高すぎたためにまだまだ購入しようとは思わないくらいなんです。

iPadはすべての人におすすめ!

 世の中には、iPad、Androidタブレット、Windowsタブレットの3種類が存在しています。その中でiPadだけがおすすめのタブレットです。基準はタッチ操作でストレスなく操作できるかという観点です。

 Androidタブレットは低価格ですが、やはり動作がそれなり。

 Windowsタブレットに至っては、モバイルOSでないがためにタッチパネルでの操作ができる代物ではない。

 順位をつけるとすれば、iPad > Android タブレット>> Windowsタブレットですので、2万円以内でタブレットが欲しい場合はAndoriodタブレットでも良いかもしれません。それなりに動きますので。僕もAndroidタブレットはいくつか所有しています。

 在宅のお供としてはiPadがベストパートナーになるのは間違いがありません。少し余裕のある人ならiPad、お金が余っている人はiPad Proを購入してみてください。

Apple iPad (10.2インチ, Wi-Fi, 32GB) - シルバー
Apple iPad (10.2インチ, Wi-Fi, 32GB) – シルバー

最新モデル Apple iPad Pro (11インチ, Wi-Fi, 256GB) - シルバー (第2世代)
最新モデル Apple iPad Pro (11インチ, Wi-Fi, 256GB) – シルバー (第2世代)

Apple iPad Air (10.5インチ, Wi-Fi, 64GB) - シルバー (最新モデル)
Apple iPad Air (10.5インチ, Wi-Fi, 64GB) – シルバー (最新モデル)

iPad mini Wi-Fi 64GB - シルバー (最新モデル)
iPad mini Wi-Fi 64GB – シルバー (最新モデル)

楽天モバイル

管理猫について

茶トラ

茶トラ

管理猫の茶トラです!