パソコン大好き | nekoca.com

パソコンを紹介するサイト

Apple Watch Series 4を購入して1年半が過ぎました

time 2020/05/04

Apple Watch Series 4を購入して1年半が過ぎました

 Apple Watch Series 4を購入して早くも1年半ほどが過ぎました。もう十分に利用させてもらったと思うので、長期利用レビューをいたします。

アップルウォッチのデザインが気に入っている

 購入したのはアルミニウムゴールドです。アップルウォッチの何が良いかって、このデザインが気に入っています。オンラインショップで購入したのですが、ちゃんと現物を確認しなかったんです。届いてから「これは女性向けのデザインかな」と少しだけ後悔しました。しかし、時間と共にこの色味が気に入ってしまっています。男性でも問題なく使える色だと確信しました。女性に評判が良い色である事は間違いがないですけど。他に所有しているアップル製品はiPhoneが黒、iPad Proがシルバー、iPod Touchがスペースグレイなのですが、それらはそれらでとてもクールとは思います。しかし、このゴールドの時計を手に入れてからは色味があるものも持っていて満足感が高いなと思うようにもなりました。

 モデルは44mmのGPSにしています。iPhoneは格安SIMを入れて使っているのでセルラーモデルは選びようがないのですが、iPhoneを手元に置いていないシチュエーションは考えられないので、僕の場合はGPSモデルで適当かと思います。iPhoneを持ち歩かない可能性がある場合はセルラーモデルを購入した方が良いでしょうね。例えばジョギングに行く場合などでしょうか。

 いずれにしても利用できる機能は同じなので、セルラー契約のためにオプション料金を払うつもりのない人は、GPSモデルをおすすめします。

おすすめの低価格バンド

 写真のバンドは下記の低価格バンドで、安くてしっかりしているおすすめのバンドです。写真のバンド色はパープルです。

主に使っている機能

 特に便利に使っている機能です。

  • 電車に乗る際にSuica、PASMOを利用
  • 心拍の計測
  • 電子マネー支払
  • アラーム、タイマー
  • リマインダー通知
  • iPhoneへの通知
  • 天気予報

電車に乗る

 この中でも電車に乗るときに、アップルウォッチを改札にかざすだけで電車に乗れるのがすごいと思います!これと電子マネー支払のためにアップルウォッチを購入しても構わないと思うくらい便利です。いつでも時計だけで簡単に残高をチャージする事ができるのもすごい。

 僕は時計を左手に着けるので、改札を通るときにとても不自然な体勢になるのが欠点でしょうか。右手に着けることも検討し、しばらく試してみたのですが、利き腕に着けると、どこかにアップルウォッチをぶつけてしまう事が多かったので、右手に着ける事は断念し左手に戻しています。左手に着けているときは、ほとんどぶつけないのですが、右手の場合は必ず毎日ぶつけるんです。

 しかし、アップルウォッチは値段が高いだけあり、今まで傷になった事はありません。ガラスにも傷一つありません。結構派手にぶつけているんだけど。

心拍の計測

 最初は心拍の計測がメインの目的でした。しかしながらこの機能については他の低価格のスマートウォッチ、スマートバンドと同程度です。

 アップルウォッチには心拍の計測機能の他に、心電図を計測する機能があります。ハードウェアとしては備わっている機能ですが、日本でこの機能を使う事が未だにできません。2020年現在でも使えないのは悲しいです。僕は心拍が標準的な人よりも早く少しだけ心配なので、できたら早く使わせてもらいたいです。この機能が使えない今として、Apple Watch Serise 3と基本機能は同じになっています。できるだけ安いアップルウォッチが欲しい人は3を購入しても問題ないのかもしれないです。違いは容量とデザインくらいなものです。

 Series 3であれば手が届く値段まで安くなっていますね。

Series 3

通知系の機能

iPhoneでも通知はされますが、腕に通知がくるのは想像よりも便利です。カバンの中や、手の届かないところにiPhoneがあったりすると見逃がしやすいですね。通知系は腕に届くのはほとんど見逃すことがないばかりでなく、バイブレーションで通知をしてくれるので、通知があった事を誰にも知られる事なく対処できます。

 通知については細かに設定する事ができ、iPhoneの設定に従ったり、Apple Watchでは受け取らなかったり細かな設定をする事ができます。(設定はiPhoneのアップルウォッチアプリで行います。)余計な通知を受け取らないようにする事ができます。

 またアップルウォッチで通話する事が可能です。(セルラーモデルはもちろん、GPSモデルもiPhoneが繋がっている限り可能)以前に皿洗いをやっている時に電話が鳴って、アップルウォッチでそれを受けたときはとても便利な機能である事がわかりました。しかしこの通話ではスピーカーとマイクを使用するので人がいるところで堂々と使える機能ではないです。おそらくこれはAirPodsを購入せよとのアップルの意向と思えます。

 確かに常時身に着けるイヤフォンは完全ワイヤレスでないと厳しいでしょうね。僕は温gエレコムのBluetoothレシーバーを使っていますが、常に身に着けることは困難で音楽を聴く時だけ使っています。このレシーバーも小さくて格好いいので使用頻度が高くおすすめです。お気に入りのイヤフォンを使う事ができるのがGood!

 また、音楽を再生するときにアップルウォッチは便利に使うことができます。iPhoneで音楽を鳴らしていると、流れている音楽の情報がアップルウォッチに出てきて、音楽の操作ができたり、デジタルクラウンを回せばボリュームの調整までできてしまうのです。iPhoneとAppleWatchをペアリングさえしてしまえば別途の設定は不要なんです。さすがのアップル製品の連携。

まとめ

 アップルウォッチはどのモデルでも基本的にできる事は同じです。ですので旧モデルのSeries 3が安く手に入る場合はそれを購入してもOKだと思います。最新のSeries 5との違いはデザイン、容量、画面の常時点灯くらいなものと思って構わないでしょう。(細かな違いは多いです)余裕のある人はSeries 5、少しでも安いものが欲しい方はSeries 3を購入しましょう。

 購入するときはモデルの確認をお忘れなく!

Series 5

楽天モバイル

管理猫について

茶トラ

茶トラ

管理猫の茶トラです!