パソコン大好き | nekoca.com

パソコンを紹介するサイト

コロナでテレワークな一日を公開

time 2020/04/26

コロナでテレワークな一日を公開

突然テレワークになり未来になった感覚になる

 21世紀になり20年が過ぎますが、変わらずみな満員電車での通勤をしているところにコロナ騒動が起き、突然、強制的にテレワークとなった人もたくさんいらっしゃると思います。

 さまざまなSF映画で人間の代わりのロボットが歩き回り、社会生活をおこなっているものもありますが、そもそも歩き回る必要もなく、パソコンが現代の主役となってしまっている雰囲気ですね。スマホが普及してパソコンには興味のない若者が多い最近でしたが、パソコンが主役に踊り出てきた感じもありパソコン大好きなものとしてはパソコンの汎用性に凄みを感じます。(家にいるならスマホも不要じゃないか…)

テレワークの一日はこんな感じ

8:30 起床

 従来なら7:00頃に起床なのだが、通勤時間がないためこの時間に起床。テレワークと通常の通勤がある勤務と比べて大きいのが睡眠時間である。午前1時頃に眠ったとしても7時間半の理想的な睡眠を取る事ができる。1時間半ほど長く眠れるので、十分な休息が取れている。

 猫トイレの掃除、床に落ちている猫砂を掃除、猫の飲み水を交換して、自分の食事を行うと、ちょうど9:00には仕事が始められる。朝の準備が30分で済むのだからこれはとても効率的な生活です。

 満員電車は伝染病を心配するだけではなく、いろんな人が乗っていることで、さまざまな嫌なことに遭遇することもあり、本当に大っ嫌いです。

9:00 仕事を開始

オンラインミーティング

 睡眠が十分に取れているので、起床から30分しか経過していないのだがスムーズに仕事が開始できる。睡眠を十分に取れているというのはかなり大きい事ですね!

 チャットアプリで仕事に就いた事を書き込みを行い仕事の開始となる。同じ職場の皆さんも次々に仕事を開始していく。

 偶然なのだが、コロナ騒動になる数か月前くらいに社内のインフラのクラウド化が進んでいたのが良かったのだと思いますが、スムーズにテレワークが開始できていたのです。VPNに接続する必要もほとんどなく、クラウドストレージ、Office365を使用して仕事をやっていたので、在宅でもほとんど違いが無い感覚で働けています。

 唯一の違いは、メンバーとのコミュニケーション方法でしょうか。オンラインミーティングツールで打ち合わせ等を行います。自分や相手のパソコンの画面を共有して会話ができるので、違和感がない感じでコミュニケーションができています。むしろ職場だとパソコンを手に持って移動をしてミーティング等をおこなう必要があったために、意外に在宅でのコミュニケーションの方が手軽に行えている感じがする事もあります。

 在宅での仕事の一番つらい点は、机や椅子が会社のものと比べると高さも変えられないし、座りにくく腰が痛くなる点。それに歩かないために相当な運動不足となっている点でしょうか。マウスを握っている手も痛くなるし、肩までも痛くなってくる始末で…。仕方がないので一時間に一度は立ち上がり足の屈伸等の運動をする必要があります。疲れていなくてもやらないと体が老化してしまうでしょう。

 お客さんとの打ち合わせもオンラインミーティングツールで行っていますが、一度すごく失敗しました。ミーティングにINして挨拶をしたのですが反応が薄いなと感じました。メインのメンバーが話を進めていくのですが、自分に発言を求められたときに何度か発言をしていたのですが、なぜか通じなく、ツールの様子を確認すると音声ミュートとなっていた事がありました。最悪な失敗…、トホホ…。ミュートの解除をするのですが気が付くのが遅すぎました…。なぜにミュートになっていたのかはわかりませんでしたが、次回からはちゃんと確認をしようと思います。

12:00 ランチ休憩

 外に食べに行くことはありません。コロナが心配ですし、近所の飯屋さんもやっていません。冷蔵庫に炊いた米のストックをしているのでレンチンをし、用意したおかずと味噌汁で自分的には理想の昼食をします。

 食事を終えてからは、会社では昼寝をしていたのですけれども、家で寝てしまったら深い眠りになり寝坊してしまいそうな気がするので猫とマッタリしつつテレビを観て過ごしています。そう!もっと猫と長く過ごせたら良いのになとずっと考えていたのですが、こんな形で夢がかなってしまったのです。引きこもり生活も悪くはありません!プライスレス!

 ボケボケな感じで過ごして適当な時間に歯磨きを行い、13時前にはパソコンの前に座ります。

13:00 午後の作業開始

 昼寝をしていないのに眠くない午後の作業が開始になります。いつも午後は頭の立ち上がりがいまいちなのですが、スムーズに作業を始められています。

 しかし、一人で作業をやっていると作業に行き詰まることもあります。会社にいれば割とすぐに近くの人の顔色を伺いつつ質問をしてしまうのですが、テレワークでは一人で調査し続けてしまうことが多くなってしまっており、これはテレワークの問題点なのかと感じてしまいます。が、それは自分のやり方が悪いのかもしれない。チャットアプリをもっと活用する必要があるのかと思っており、その辺は慣れの問題なのかもしれませんね。ミーティングの時はとてもスムーズに音声での打ち合わせができるのですが、相手が何をやっているのかわからない状態で突然にコミュニケーションを取ろうとする時にタイミングが難しいです。

 テレワークの働き方がどんな感じなのかと整理してみると、やること自体はほとんど変わらず、何かあった時にどのようにしていくのか、問題点を洗い出していく必要があります。まだテレワークは始まったばかり!

 特にお子さんのいる家庭ではテレワークが難しいと悲鳴のように聞こえてきています。特に今だと保育園がコロナ騒動で休園となっていると言う事で、完全に仕事に集中することが難しい状況とのことです。

 テレワークの環境としては、リビングとは切り離す部屋を用意し、完全に一人になる環境が必須になってくると思います。家族の協力も必要になると言う事ですね。

17:30 作業の終了

 ほとんど定時で作業の終了となります!

 しかし、忙しい時には残業を行いますが、自分の家にいると言うことで、すごくリラックス雰囲気となり、いくらでも残業ができる事に気が付きました。残業はできるだけやらないと言う気持ちが必要かもしれません。

 通常の勤務であれば、電車に乗って家に帰る必要があるのですが、通勤時間がゼロとなります!通勤にかかる時間をまるまま自分の時間として使うことができるのがすごいですよね。更に猫と過ごせる時間が多くなる!

 自分の場合は仕事の終わったこのタイミングでストレッチと腕立て伏せを行います。腕立て伏せはここ5年ほど続けているのですが、飲み会等が発生しないので毎日きちんとすることができるのもポイントではないでしょうか。外に出ないことを考えると何かしらの運動をするのが必須となりますが、平常時から軽い筋トレをやる事をお勧めします!

 飲み会と言えば通常、月に2度程度はやっていたので、2次会にも行ったりする事も考えると1万円以上は普通に節約できている感じなのでしょう。(まだテレワーク歴一か月なのでお金は貯まっていませんが)ランチ代も考えると年換算でいくらの節約になるかを考えると20万円ほどは普通に節約になるのでしょうか。外食産業が生き残れるのかが非常に心配になる感じですね…。

 これ以降は通常と同じ生活に戻ります。午前1時に眠ることを想定すると、それまでの8時間半を有効に使っていきたいと思います。

テレワークについてのまとめ

テレワークのメリット

  • 理想的な睡眠をとることができる
  • 通勤時間に費やす分をそのまま自分の時間とできる
  • 通勤の疲れがない
  • 疲れていないので仕事に集中できる
  • 出費が減る
  • 飲み会に行かないので二日酔いがない

テレワークのデメリット

  • 仕事に行き詰まった時に相談がしにくい
  • 動かないので運動不足になる
  • 残業を苦と感じなく長く残業ができてしまう
  • 食費がかからない一方で外食産業がなくなるかも
  • 良い机、椅子を購入する必要がある
  • 通信費や光熱費の負担は誰が??

 現在はコロナ騒動でテレワークとなっていますが、それが収束した後はどうなるのでしょうか?自分としてはこのままテレワークが続いてほしいと思っています。もし、今回の新型コロナが収束して外に出ても問題がなくなったとしても、また別の伝染病のようなものが繰り返すことになるんでしょう。(十年に一度以上は何かしら発生していると感じる)そのためにもテレワークが標準となり、通勤電車で揉まれるような事はなくしていくべきではないでしょうか。

 テレワークが標準になればオフィスの縮小が可能となり、オフィスから離れた地域に移住し、今の会社で働き続けることも可能となっていくでしょう。あとは経済活動を今の規模を保つためにはどうしていくのかが課題となるとは思いますが、ネットを活用したサービスをメインにするなど、頭のいい人たちがなんとかしてくれることを願います。

 いち早くテレワーク環境が整ったグループの人たちの中に、テレワークをしようとしなかった人がいました。その人たちに理由を聞くと「家に疲れない机と椅子がない」と皆さん口裏を合わせたように言っていました。確かに実際に家で今ある机と椅子で仕事をしてみると想像以上に体に負担がかかるなと感じました。机&椅子を購入するために補助を(誰かが)出すとか、サラリーマンでも通信、光熱費をせめて経費と認めていただき、控除の対象としてもらえたら嬉しい

 労働時間が8時間で、休憩が1を時間、通勤に往復2時間かかる人の場合、11時間も仕事のために拘束されていると考えることもできると思います。ですので通勤時間がなくなるだけで、2時間もの時間をいとも簡単に作り出すことができるんですね!これは労働者の革命なんだと思います。特に過酷な通勤電車を利用する都市部の会社はテレワークを今後も続く形にしていく環境にしていただけたらありがたいです。

パフォーマンスが凄い!5万円台で買えるお勧めのパソコンです。

AMD版を2台購入しました!値段では信じられない性能のパソコンです。

Intel版

Lenovo IdeaPad S540 Intel

AMD版

Lenovo IdeaPad S540 AMD

 

楽天モバイル

管理猫について

茶トラ

茶トラ

管理猫の茶トラです!