パソコン大好き | nekoca.com

パソコンを紹介するサイト

楽天モバイルUN-LIMIT 1年間無料のSIM

time 2020/05/02

スマホ料金を安くするために楽天モバイルは生まれた

 みなさんスマートフォンに月にいくら払っていますか?ドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリアで契約されている方は月に6000円以上は払っているのではないかと思います。僕は今までそんなに高い契約をした事はなく、10年前より格安SIMを使っていて、今は月額1700円程度を支払っています。

 しかし、格安SIMはかなり我慢をする必要があります。通話料金定額制はないし、通信容量も3GBしかないばかりかスピードも遅いです。それを納得したうえで格安SIMを利用させてもらっています。

 そんな我慢を打破してくれそうな通信キャリアが誕生しました。期待の第4の通信キャリアの楽天モバイルです。楽天モバイル自体は以前より格安SIMを提供していましたが、それはドコモから回線を借りてMVNOとしての事業でした。しかし、今回は移動体通信事業者(MNO)として、ドコモ、au、ソフトバンクと肩を並べる存在になったのです!楽天モバイルは国とスマートフォンの通信料を下げる事を約束をし、晴れてMNOに認められましたので、国からも期待されている存在なのです。

楽天モバイルはまだインフラ整備中。でも大丈夫!

 楽天のインフラ整備はまだ途上となっております。楽天モバイルの電波はまだ都市部でしか飛んでいないようです。でも大丈夫なんです。

 それは、楽天モバイルのインフラが整備されていないところは、auの回線でつながるようになっているからです。楽天モバイルの電波が入らないところはauの電波が使えるようになっています。

1年間月額無料

 おそらくインフラ整備が間に合わなかったのだとは思いますが、なんと1年間は月額無料と言う驚きの料金設定となりました。(300万人の早い者勝ち)インフラは間に合っていませんが、楽天モバイルの電波が入らない場合はauの回線が入るので無料でなくても良かったのかもしれません。それでも楽天モバイルは早く契約者を増やしたいが一心で月額1年間無料の措置を取ったのだと思います。ですのでこの機会を逃さないようにしたいですね!

楽天モバイルの月額は一種類2980円

 楽天モバイルは2980円の1プランのみとすごくわかりやすいです。

  • 国内通話かけ放題:楽天モバイルの通話アプリを使用時
  • データ使い放題:高速で完全使い放題

 契約して1年経過した後でも国内通話、データ通信がこみこみ2980円になります。これでは既存の格安SIMがなくなってしまうのではないかと言う内容となっています。(それでも安ければ安いほど良いと言う人がいると思いますけれども。)

 楽天モバイルの電波が入らないところで使えるau回線のデータ量ですが、2020年4月当初は3GBと心もとない容量でしたが、楽天モバイルUN-LIMIT2.0とバージョンアップし、au回線で使える容量が5GBと増量されました。しかも、その容量を使い切って制限がかかっても1Mbpsのデータ通信が継続使用ができることに。このくらいのスピードがあればYouTubeの動画も視聴できるレベルなので、au回線でも実質使い放題となります。これは驚きです。

楽天モバイルのスマートフォンが必要

 楽天モバイルが動作保証しているのは、楽天モバイルで販売しているAndroid端末となっています。他の会社が販売しているAndroidスマートフォンでも動作すると言う話はありますが、自信がない人は楽天モバイルのスマートフォンを購入する必要があります。

 ですので今のところiPhoneは動作の対象外となっています。iPhoneが使えないのは痛いところです。iPhoneで楽天モバイルのSIMが動作するのか確認しているWebサイトもあり、そこでの検証は通信はできるようです。(保証はされません)楽天モバイルの通話し放題は楽天モバイルのアプリ経由での通話が対象で、そのアプリがiPhoneにはリリースされていません。国内通話かけ放題は除外となるので、まだiPhoneでの契約は止めた方が良いかもしれません。

楽天モバイルの契約の仕方

 楽天モバイルはWebサイトか楽天モバイルの店舗で契約をしてください。今は外出自粛の状態なので、Webで契約をした方が良いかもしれません。

 下記のサイトで契約が可能です。契約さえできれば数日でSIMが送られてきます。

楽天モバイルおすすめの機種

 楽天モバイルで注目のスマホがあります。あまり知られてはいないかもしれませんが、格安スマホの中で一番コストパフォーマンスが良いとされている機種で、指原莉乃さんのCMで見た事があると言う方もいらっしゃるかと思います。


 CPUが格安スマホには搭載されないレベルのSnapdragon710が搭載されています。これは通常使いではとても快適なのと、3Dの比較的重いゲームでも動いてしまうものです。しかも、家電量販店でも販売されているこの機種のストレージは64GBに対して、楽天モバイルは倍の128GB搭載されています。価格は同じなのでとてもお買い得になります。RAMは驚きの6GBで画面の切り替えが早くなる事が期待できます。(たくさんのアプリが実行できる。)

 この機種は日本向けに開発されているので、おサイフケータイ、防水機能が搭載されていますし、画面はなんと有機ELの高精細なものが搭載されています。税込みで機種代4万円のスマホではとてもお買い得です。

 また、楽天モバイルのポイントバックキャンペーンも期待できます。5/1現在では1万ポイントを超えるポイントがもらえるのでこれを機会にこのストレスのない機種を実質3万円くらいでゲットしてみてはいかがでしょうか。

 今の通信費を6000円以上払っている人はすごくもったいないと思います。1年間無料なのは300万人です。せっかくのチャンスなのでこれを機会に楽天モバイルに入りましょう!

 

 

 

楽天モバイル

管理猫について

茶トラ

茶トラ

管理猫の茶トラです!