パソコン大好き | nekoca.com

パソコンを紹介するサイト

実機レビュー シャオミRedmi Note 9Sは史上最高コスパのスマホ

time 2020/11/14

実機レビュー シャオミRedmi Note 9Sは史上最高コスパのスマホ

 遅くなりましたがコスパが良いと評判のスマホRedmid Note 9Sをレビューします。これまでの値段が2万円台クラスの常識を覆すコスパのスマホなのかどうかをお伝えしたい。

シャオミRedmiNote9S
▲シャオミRedmiNote9S

 このスマホはAndroidをシャオミがカスタムしたOSのMIUIを搭載しているスマホですが、基本的にはAndroidと思っていただいて問題のないものです。設定画面が独特な構成になっているくらいでしょうか。素のAndroidにはない機能も見受けられます。

 Redmi Note 9Sは2種類販売されています。

価格メモリ(RAM)ストレージ(ROM)
24,800円(販売価格、税込)4GB64GB
29,800円(販売価格、税込)6GB128GB

 今回は29,800円のモデルを購入しました。できるだけお安いモデルが欲しいという人でも29,800円のモデルを購入をお勧めします。なぜならメモリの差は許容できるかもしれませんが、ストレージが64GBでは写真をたくさん撮ってしまうとすぐに容量が一杯になってしまう可能性が高くMicro SDカードの追加が必須になってしまいます。SDカードは容量が128GBのものだと2,000円程度になりますので、5,000円の差はとても小さいです。特にゲームをたくさん入れたいと言う人は29,800円のモデルの購入は必須となります!

スペック

SoC(CPU)Snapdragon 720G
メモリ(RAM)6GB
ストレージ(ROM)128GB
画面6.67インチ(液晶) パンチホールカメラ有
カメラメイン:4800万画素、超広角:800万画素、深度:200万画素、マクロ:500万画素
端子USB-C、イヤフォンジャック
重量209g
認証方法指紋、顔
バッテリー5,020mAh

 全体的にミドルクラスの性能を持っていますが、基本機能以外で特徴のないスマートフォンとなっています。特徴がないと言うのは、おサイフケータイ、ワンセグなどの機能がないと言う意味で、万人に必要な機能以外は備えていないという割り切りが良いスマートフォンですが、この内容で税抜き29,800円は通常のスマートフォンではありえない高性能っぷりです。

 スマートフォンとしては隙のない構成になっていて、実際の使用感もサクサク動作し、ストレスは無比と言っても問題がないと思います。もちろんハイエンドスマートフォンよりは劣るかもしれません。ネットでこのスマートフォンの評判をみると、いろいろな不満が書いてあったりしたので、やはり安いなりなのかと思っていましたが、そんな事はないと言い切ります。

 このスマートフォンはとても快適に動作はしますが、重量が209gとかなりヘビー級となっている事が一番の難点なのですが、重い分だけ電池の持ちが良いと思っていただければ良いです。

 通常のエントリークラスのスマートフォンには4GBのメモリが搭載されていることが多いと思いますが、なんと6GB搭載されているのも快適に動作する理由だと思います。筆者が通常使っているアプリですと、2度目の起動ですとアプリの切り替えは一瞬でおこなわれますので、とても快適です。

Redmi Note 9S とても良かったので2台目を購入
▲Redmi Note 9Sを購入して良かったので2台目です
Redmi Note 9S 背面の質感も良い
▲質感はとても良いです

 使ってみてとても素晴らしいスマホだったので白も購入しました。個人的には白の透明感が好きです。

強力なマクロレンズ

Redmi Note 9Sの背面 カメラの出っ張りが気になるかも
▲背面の質感も良いが、カメラの出っ張りは気になる

 背面のカメラが4眼となっており、3万円台のスマートフォンにしては良い写真が撮れると思える印象です。メインカメラ、超広角カメラともに普段使いに耐えられる画質だと思いますが、注目していただきたいのがマクロカメラです。他にもマクロレンズが搭載されているスマートフォンはありますが、このカメラより近くに寄れるものを見た事がありません。

Redmi Note 9Sのマクロレンズは超強力 スマホの高解像度も顕微鏡でみているようなレベル
▲iPhone7の画面をマクロモードで撮影 画素がはっきりわかるレベル

 見えやすいように正方形に切り抜いた画像ですが、ここまで寄って撮影できなくても良いのにって思うほど被写体ギリギリまで寄る事ができます。顕微鏡かよってレベルである。被写体までの距離は2cmくらいまで寄ることができ、このマクロレンズを目当てに購入する人もいるかもしれませんね…。

Redmi Note 9sのマクロレンズで猫を撮ってみた 猫の毛ってこんな流れをしているんだな
▲猫に近寄ってみた。毛が長い

 猫に近づいてマクロレンズ撮ってみたら、思っているより猫の毛はもじゃもじゃしているし、まつ毛がすごく長いんだなとびっくりしました。毛の流れなんかも面白い!このマクロレンズで撮影すると、いろいろな発見があるかもしれませんね。

パンチホールカメラは気になる?

 大きい画面に空いている穴。これはセルフィー用のカメラで俗にいうパンチホールカメラです。パッとみると結構気になるという方もいるのではないでしょうか。

Redmi Note 9Sのパンチホールカメラ 結構気になる?
▲画面の上部にパンチホールカメラ

 しかし、設定でこれを隠す機能があります。

Redmi Note 9S ノッチを隠す ノッチを隠さない パンチホールカメラ
▲左:隠さない 右:隠す

 ノッチを隠す機能があります。右の画像が隠した状態で、これなら全然と言っていいほど気になりません。液晶なのでカメラ周辺に無理があるのか少しだけ違和感がありますが、スマホを使っていればほとんど気になりませんでした。これで大きい画面を堪能する事が出来ますね!

Redmi Note 9Sの特徴まとめ

 しばらく使用した時点でRedmi Note 9Sのポイントをまとめると…

  • 画面が大きい
  • 処理速度が値段の割にすごく快適、ゲームも大丈夫
  • 防滴仕様(防水ではないので、しずく程度なら問題ないとのレベル)
  • ヘッドフォン端子付き
  • カメラがキレイ、特にマクロレンズがすごい
  • Androidを拡張したOSで普通のAndroidより機能が多い
  • バッテリー容量が多く一日中使っても大丈夫
  • サイドにある指紋認証が使いやすい
  • ストレージ(ROM)が128MBでSDカードで追加しなくても保存容量が多い
  • パンチホールカメラは気になるけど、隠す機能があるので問題ない
  • 通知用のLEDランプ付き
  • SIMカードは2枚入り、同時にMicro SDカードも使える

 下記に当てはまる人は絶対に購入するべき!

  • 予算が3万円程度
  • 大きい画面が好き
  • おサイフケータイは不要
  • 重くても平気

 基本機能が充実していますので、メイン端末としても利用ができるレベルにまとまっています。

 また、格安スマホではOSのセキュリティアップデートがあまり行われない印象ですが、このRedmi Note 9Sは割と頻繁にアップデートが来ます。世界中でたくさん売れている機種だからこそだと思うのですが、安心できる要因かなと思います。

 値段と性能が合っていないスマホとなっており、数年は使うことができるスペックです。格安の遅いスマホでイライラしている方は絶対にこの機種に買い替えるべきです。重いけどその分、画面が大きくて電池の持ちが素晴らしいです。いま格安で高性能なスマホはこのRedmi Note 9Sがベストとなっていますので、是非手に入れましょう!

 

 

楽天モバイル

管理猫について

茶トラ

茶トラ

管理猫の茶トラです!